職場や夫婦のモラハラとは…三船美佳の離婚はモラハラ夫が原因? | ぼっち太郎のブログ

職場や夫婦のモラハラとは…三船美佳の離婚はモラハラ夫が原因?

公開日 2015/01/19 / 最終更新日 2016/07/27

高橋ジョージと三船美佳の離婚の理由は…


連日、高橋ジョージさんと三船美佳の離婚の話題で盛り上がっていますよね。

美佳さんの離婚の理由がはっきりとしませんでしたが、

その意外な理由がニュースになっていました、

スポンサーリンク



高橋ジョージと三船美佳の離婚理由について



スポーツ新聞によると、

三佳さんは高橋さんのモラハラが原因で離婚を決意したとありました。



これはあくまでも、美佳さんの友人の話を取り上げたもので、

美佳さん本人のコメントではありません。



モラハラとは「モラルハラスメント」のことで、精神的暴力といわれています。

この精神的暴力とは、どのような行為のことをなのでしょうか。



モラハラについて



よく「モラハラ夫」とか「職場でモラハラされている」なんて聞きますが、

モラハラとは具体的にどのような行為までをいうのでしょうか。

またモラハラと、そうでないものとの境界線など調べてみました。



モラハラの特徴について



精神的暴力や、嫌がらせのことをモラハラというそうで、

肉体的な暴力ではなく、言葉や態度によって相手を傷つけることだそうです。


言葉に出さなくても、無視などの態度でもモラハラになるようです。

村八分なんていうのも、この類と言えそうですね。



モラルハではないもの



モラハラは不必要に相手を不快にさせることが目的ですので、

厳しく叱責されただけではモラハラとは判断はできないとのこと。



モラハラは相手を侮辱、人格を否定する意図があることが前提で、

それに当てはまらない場合はモラハラとは言えないそうです。

一時的で単発的なものもモラハラではないとのこと。



敵意や悪意があり、人格攻撃や服従の強要をしたり、

何よりも執拗で継続的なものをモラハラとよぶようです。



モラハラ職場でのケース



職場では上司と部下があり、また労使関係もあります。

職場でのモラハラにはどのようなものがあるのか、またそうでないものとの違いとは。



仕事上のモラハラ



長期残業や部署移動などは、悪意がなければモラハラにはなりません。

故意に特定の人だけを長期残業させるのはモラハラといえます。



上司と部下の関係



モラハラの1つに服従の強要があります。

仕事上は上下関係で、意見の違いはあっても人間としては対等ですので、

お互いに人格を認め合っている場合は、服従の強要にはなりません。



対象が個人に限定していない場合



陰湿な攻撃が個人ではなく複数の社員に及ぶ場合には、

被害者同士で被害を共有できるので、モラハラとは別ものだそうです。

特定の個人だけをターゲットにされた場合はモラハラといえます。



それとは気がつかないモラハラ



明らかな個人的な攻撃はモラハラとわかるのですが、直接にそれと分からないケース。

  • 命令した仕事しかさせない
  • 仕事に必要な情報を与えない
  • 絶えず新しい仕事をさせる
  • 昇進できないようにする
  • 特定の人だけの意見に反発する…などなど

このような周囲が気がつきにくい、巧妙なモラハラもあるそうです。

スポンサーリンク


モラハラ夫婦のケース



三佳さんと高橋さんのモラハラの話題がタイムリーですので、

夫婦のモラハラの例として取りあげて見ました。



美佳さんの友人の話では、美佳さんが受けていたモラハラとは、

連日、人格を否定するような言葉を浴びせられていたというのも。


友人は「美佳さんが仕事を終えて帰宅すると、高橋さんから長時間、人格を否定されるような言葉を浴び、それが耳元で大きな声の時もあったようです」と語った。

投げかけられたのは、「お前は人間としての価値もない」「生きていく資格もない」「お前が生きているのは、オレのおかげ」などという言葉だという。

1月19日スポニチより



高橋さんは自身のTwitterでモラハラを否定しているとのことです。

美佳さん本人のコメントではありませんので、真偽のほどはわかりません。

あくまでグレーということですね。。



ここで何が言いたいのかというと、

本人にそのつもりがなくても、相手が傷つくこともあるということです。

何気ない言葉や口癖が、モラハラになる場合もあり得ます。



モラハラはその人の性格による部分が多いようです。

それがねちっこい性格なら、何度も何度も言わないと気が済みません。



それに本人は、何度も何度も言っている自覚すらありませから、

モラハラなどしていないと主張するのかも知れませんね。



高橋さんがそうだと言っているわけではありませんが…

もしかしたら自分も気が付かないうちに、相手を傷つけているかもしてません。

突然、離婚を突き付けられないように、お互いに注意しましょう。。



まとめ



モラハラとは
  1. まず悪意があり
  2. 暴言や態度や嫌がらせを
  3. 執拗に継続する行為

夫婦間のモラハラでは、三佳さんは離婚という解決方法を選択しました。

モラハラは加害者の性格によるところが多いので、難しい問題なようです。



ましてや職場のケースともなると、もっと複雑になります。。

会社に訴えたところで相手が反省するとは思えませんし、環境が変わるとは思えません。

学校のいじめと同じく、これといった対処法が見出せていないのが現状のようです。。


Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ぼっち太郎のブログ

コチラもどうぞ

今日のHOTな話題


 

この記事へのコメント

ぼっち太郎のブログ TOP » 過去記事倉庫 » 職場や夫婦のモラハラとは…三船美佳の離婚はモラハラ夫が原因?