広末涼子 渡部篤郎 ドラマ|愛なんていらねえよ、夏2002 | ぼっち太郎のブログ

広末涼子 渡部篤郎 ドラマ|愛なんていらねえよ、夏2002

公開日 2014/04/18 / 最終更新日 2016/09/01

広末涼子さん渡部篤郎さん共に主演のドラマ「愛なんていらねえよ、夏」異色のラブストーリー


このドラマの演出は「ケイゾク」でおなじみの鬼才・堤幸彦さんとのことです(^^)

スポンサーリンク



広末涼子 渡部篤郎 ドラマ|愛なんていらねえよ、夏



歌舞伎町の風雲児のレイジ(渡部篤郎)は、自分の力と金だけでのし上がりホストクラブを4店舗経営する実力者。


ある日常連客の自称社長夫人が逮捕される。警察の手はレイジにも及び横領教唆の容疑で逮捕。


連れていかれるレイジの後を追う「礼慈」は、町で文無しのところをところをレイジに拾われ同居していた。


しかし、その後礼慈は不慮の交通事故で一命を落としてしまう。


半年後にレイジは出所するが、レイジが経営していたホストクラブは潰れており7億もの負債を抱えてしまう。


それ以来レイジには絶えず地獄の借金回収人にが付きまとうことになります。

スポンサーリンク


ある日レイジのところに弁護士がやってくる。どうやら弁護士はレイジと礼慈を間違えているようだ。


どうやら礼慈には盲目の妹(広末涼子)が一人おり、親からの多額の遺産が残されたらしい。


礼慈は15年前に母とその家を出ていったらしい、レイジは借金返済のため礼慈と入れ替わるのだが…と、いうストーリー(^^)


このドラマはでは役作りのため渡部篤郎さんが丸刈りになってのが話題になっていたようです。


このドラマのテーマは愛を信じない男と、愛を知らない盲目の女性の「愛」がテーマになっているようですね。(^_-)-☆

渡部篤郎 記事一覧

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on Twitter

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » ぼっち太郎のブログ

コチラもどうぞ

今日のHOTな話題


 

この記事へのコメント

ぼっち太郎のブログ TOP » 過去記事倉庫 » 広末涼子 渡部篤郎 ドラマ|愛なんていらねえよ、夏2002